トイレから水が溢れてきた!!慌てず焦らず対処しよう。

トイレが詰まってしまっても慌てない

毎日の生活で欠かすことのできないトイレ。ある日突然、水を流したら水が溢れてきてしまい、パニックになってしまうことがありますよね。そこで慌てて対処しようとして、反って悪化させてしまうこともあると思います。まずは落ち着いて溢れた水を拭き取り、トイレが詰まってしまった原因を考えてから対処するようにしましょう。

詰まりの原因を考える

トイレが詰まる前に、どんなものを流したかを思い出してみましょう。トイレットペーパーやトイレ掃除用の流せるシート、ペット用の流せるトイレ砂などは、水に溶けやすい作りになっているので問題ないはずですが、一度にたくさん流してしまうと溶けきらずに詰まってしまうこともあります。また生理用品やおむつなど、吸水性の高い物を誤って流してしまうと、流れてる途中で水を吸収して膨らんでしまい、配管を詰まらせてしまう原因にもなりかねません。さらに、トイレタンクにペットボトルを入れて、流す水を節水している方もいると思います。そういった場合は水圧が弱くなってしまい、トイレットペーパーなどでも徐々に蓄積されていき、最終的に詰まってしまう可能性があります。

自分で対処出来る詰まりもある

節水するのも大切ですが、過度な節水は控えるようにしましょう。また、トイレに流してOKな物しか流していないのに詰まってしまった場合は、自分で対処することも可能です。まずは止水栓を止めて、トイレに溜まっている水を通常使用時の量まで汲み取ります。そして、ラバーカップを使い詰まりを解消する方法や、バケツを使い、少し高い位置からトイレの排水口に向けて水を流し込む方法などがあります。その際、周囲に汚れが飛び散らないように対策をしておきましょう。

トイレのつまりを自分で直すと、取り返しのつかないことになる恐れがありますから、お金がかかっても業者に直してもらうべきです。