会場選びが大きな決め手!宴会を成功させる秘訣はコレだ!

中規模な宴会に対応している居酒屋が無難な選択

忘年会や新入社員の歓迎会など、宴会は様々な名目で行われます。かつては会社や団体の大きなイベントとして行われていたこともあり、大人数での開催が当たり前でした。しかし現在では価値観の多様化などの理由で宴会に参加する人も少数に留まっているのが普通です。宴会の規模も店を貸切りにするほどの規模ではなく、小上がりの一部を数時間借りる程度のものが一般的になっています。そのため、宴会を開く際は十数人から、多くても20から30人程度の人数に対応できる、中規模なスペースを持つ居酒屋が無難な選択です。居酒屋や個人向けの一品料理から団体客に適したコースメニューまで幅広く扱っている所が多いので、参加者全員が満足して飲食を楽しむことができます。

アルコール類を摂る場合は代行運転の手配が肝心

宴会にはビールや焼酎などのアルコール飲料が不可欠ですが、その一方で飲酒後の安全確保に気を配ることが参加者全員に求められる姿勢です。特に宴会場に乗用車で訪れている場合は絶対にハンドルを握ってはいけません。飲酒運転は大きな事故の原因になると同時に社会的な信用を著しく損なう行為でもあります。宴会を開いた会社の名前に傷が付いてしまうので、飲酒をした場合は必ず代行運転の手配を済ませておくことが肝心です。居酒屋によっては代行運転の業者と提携している所もあるので、乗用車を使って参加する人がいる場合はそのような居酒屋を優先して選ぶのが幹事の務めと言えます。もちろん、運転してきた人はアルコール飲料を避けるのに越したことはありません。

大阪の宴会は若手社員に歓迎されます。大阪は日本が誇る食の都であり、リーズナブルな料金でお酒やご当地グルメが味わえるためです。